東京で賃貸事務所を借りる際は契約書の確認も大切

新規事業などで自社オフィスのスペースに余裕がない場合、選択肢のひとつに挙げられるのが賃貸の事務所です。東京で事業を予定している方も少なくないでしょう。この場合も同じように賃貸事務所を探すことになりますが、その際は複数のポイントがあります。そのひとつが契約内容の確認です。住宅などの賃貸とオフィスの賃貸では契約内容が大幅に異なりますので、知っておくと良いです。

東京で賃貸事務所を探す場合、不動産会社や仲介業者などから紹介してもらう方も多いでしょう。お気に入りの物件が見つかったら、まずは入居申込書に必要事項を記入して提出することになります。その後に業者側で入居の審査が行われますが、無事に通過すればいよいよ契約へと進んでいきます。契約内容はそれぞれの業者や物件などで異なりますが、その前に書かれている事項をよく読んで確認しておきましょう

事前に説明があったこと相違なければ問題ありませんが、異なっている部分があれば後々トラブルに発展することも考えられます。極端に不利なことが記載されてないかどうか、あるいは事前に聞いていた条件と違う内容が書かけていないかどうか、チェックしておきましょう。事務所賃貸の契約日当日に発覚してしまうと問題に発展してしまうこともあります。事前に確認しておけば変更できる部分は改善してもらうように伝えられますので、契約内容の確認は重要です。